2013年10月12日

5ヶ月間も原因不明の眩暈があります。 [2]



美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。



頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都



山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++

*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************



★★ ご相談 ★★




5ヶ月間も原因不明の眩暈があります。 [2]



http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/22305681005037.html


★テーマ:「緊張型めまい」「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」

------------------------------











お名前: 匿名希望   
神奈川県○○市 36歳女です。

8月から5ヶ月間も原因不明の眩暈があります。
 
その日の朝、左首と肩の痛みで起きました。
既に左耳が難聴気味でした。以前より
左耳が詰まった感じではありました。

その夕方、左を向いた時に眩暈がおこり
パニックになってしまい倒れてしまいました。

その一週間後には、左太ももをさすっても鈍くなったり、
左二の腕が痛くなったりしました。

脳のCT、MRI、首の検査(血管が狭いが異常なし)
耳鼻科検査共に異常なしでした。
 
上頭部?がフラフラ、グラグラしている感じです。
毎日、また倒れてしまうのではないかと恐怖と不安で
精神安定剤を飲みながらごまかして生活しています。

下を向いたり、テレビの画面の映像の揺れなど、
その他、敏感に反応して気持ち悪くなってしまいます。
自転車に乗ったりしても酔ってしまいます。

耳鼻科からの薬は、セファドール、メリスロン、
神経内科からは、メチコバール、
心療内科からは
デプロメール、ドグマチール、とんぷくにデパスで
様子を見ておりますが。
一向に治る気配がありません。
 
各科先生も原因は判らないとおっしゃり首をかしげています。
 
ここ最近になり、眩暈症状もだんだん悪化して、
1週間前からは両太もも、両二の腕が痛くなり
痙攣ピクピクしだしました。気になって眠れずにいます。

両肩も痛く、首も違和感がでております。
体重もどんどん減少しております。
生活に支障をきたしております。
 
デパスを飲むとめまい感も多少緩和される気がします。
何故でしょうか?

早く原因を突き止め的確な治療がしたいです。
 
先生のおっしゃる治療は他でも治療は出来るのでしょうか?
正診断が低いとの事でやはり難しいのでしょうか?
『機能性抹消神経障害』に強い先生であれば山本先生の
おっしゃる治療と同じ治療をして頂けるのでしょうか?
例えばお薬は他でも処方可能なものなのでしょうか?

以上、回答お待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。 
 
 Monday, January 19, 2009 6:26 PM

[2009年1月19日 18時26分32秒]






------------------------------





世田谷区山本クリニック東京都
世田谷区山本クリニック東京都

++++++++++++++++++++++


★★ ご回答 ★★




このご相談への個別リンクはこちらです




これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。




++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは。
典型的な「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
であり。
典型的な
「緊張型めまい感」(あだ名です)」=
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」です。

けれども
「お受けもちの先生」は原因がわからないという。


-------------------------------
第30回日本頭痛学会総会での
山根清美先生(太田熱海病院 脳神経センター神経内科)
による
「緊張型頭痛におけるめまいの臨床的検討」の論文によれば

「緊張型頭痛と診断した114症例。
男性39例、女性75例、年齢平均61.2歳(16〜86)

めまいが存在したのは69/114例(60.5%)
回転性めまい(verigo)が43例(62.3%)
浮動性めまい(dizziness)が26例(37.7%)
[結論]
臨床的にめまいの原因の鑑別として
緊張型頭痛を念頭に置くことが重要と考える。 」
との事です。

臨床医は「めまい」の鑑別診断として
「緊張型頭痛を念頭に置くことが重要と考えた。 」
と結論されています。
-------------------------------


下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++



#2
##1
「8月から5ヶ月間も原因不明の眩暈があります。
 
その日の朝、左首と肩の痛みで起きました。
既に左耳が難聴気味でした。以前より
左耳が詰まった感じではありました。」

=>

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の背景に
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」の
「症状・症候」のあることがわかります。

##2
「その夕方、左を向いた時に眩暈がおこり
パニックになってしまい倒れてしまいました。

その一週間後には、左太ももをさすっても鈍くなったり、
左二の腕が痛くなったりしました。」

=>
典型的な「緊張型めまい感」(あだ名です)或は
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」です。
そして
「その一週間後には、左太ももをさすっても鈍くなったり、
左二の腕が痛くなったりしました。」

典型的な「緊張型しびれ(あだ名です)」の「症状・症候」
です。

##3
「脳のCT、MRI、首の検査(血管が狭いが異常なし)
耳鼻科検査共に異常なしでした。
 
上頭部?がフラフラ、グラグラしている感じです。」
=>
「首の検査(血管が狭いが異常なし)」は整合性はない。
「「血管が狭いが異常なし」はおかしい」=
これはCT・MRI異常無く病名がつけられなければ
「自費」のなります。
或はCT・MRIを検査した診療全体が「自費」になります。
だから「異常なし」でも医療施設は「異常有り病名」を
「つけなければならないのです」。
=>
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。
=>
「症状・症候」自体は「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」
です。


##4
「毎日、また倒れてしまうのではないかと恐怖と不安で
精神安定剤を飲みながらごまかして生活しています。」
=>
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。


##5
「下を向いたり、テレビの画面の映像の揺れなど、
その他、敏感に反応して気持ち悪くなってしまいます。
自転車に乗ったりしても酔ってしまいます。」
=>
典型的な「緊張型めまい感」(あだ名です)=
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」ですね。














#3
##1
「耳鼻科からの薬は、セファドール、メリスロン、
神経内科からは、メチコバール、
心療内科からは
デプロメール、ドグマチール、とんぷくにデパスで
様子を見ておりますが。
一向に治る気配がありません。」
との事です。

=>##2

##2
「ひとつだけ」「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の整合性のある薬剤がありますが。
「他」は意味がありません。







#4
##1
「各科先生も原因は判らないとおっしゃり首をかしげています。
 
ここ最近になり、眩暈症状もだんだん悪化して、
1週間前からは両太もも、両二の腕が痛くなり
痙攣ピクピクしだしました。気になって眠れずにいます。

両肩も痛く、首も違和感がでております。
体重もどんどん減少しております。
生活に支障をきたしております。
 
デパスを飲むとめまい感も多少緩和される気がします。
何故でしょうか?

早く原因を突き止め的確な治療がしたいです。」
=>##2

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
より発生する「緊張型めまい感」(あだ名です)或は
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」は。
極めて実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」です。

##3
「めまいの「マ行」」といって。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
「緊張型めまい感」(あだ名です)の患者さんには
「マ行」のお薬が実によくだされます。
=>##4

##4
「メチコバール」「メリスロン」「アデホスコーワ:adenosine triphosphate diosdium:ATP」
などです。

##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
「緊張型めまい感」(あだ名です)は
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」であり
「真性眩暈:しんせいげんうん」=「vertigo:ヴァータイゴ・ヴァーティゴ」
ではありません。
=>##6

##6
だから「効果」が有りません。






#5
##1
「早く原因を突き止め的確な治療がしたいです。
 
先生のおっしゃる治療は他でも治療は出来るのでしょうか?
正診断が低いとの事でやはり難しいのでしょうか?
『機能性抹消神経障害』に強い先生であれば山本先生の
おっしゃる治療と同じ治療をして頂けるのでしょうか?
例えばお薬は他でも処方可能なものなのでしょうか?」
との事です。

##2
結果論からいえば。
御相談者をはじめとして
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型めまい感」(あだ名です)
=>
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」
=>
「ふわふわする・くらくら・頭重感・憂うつ・CT・MRI異常無し・原因不明」
が実際に現実的には正診断された患者さんは
極めて少ないことが現実です。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##4
##3のいずれの「治療戦略」が必須です。

##5
「内服薬」のみでは「治療戦略」としては十分ではありません。












#6
##1


-------------------------------

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html




船酔いしたみたいに、常にふわふわとしており、仮性眩暈?
[2] [2008年 6月11日 22時26分50秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/964914054683508.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/964914054683508.html

コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」

-------------------------------



##2
御参考になれば何よりです。

##3
また
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html


「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」特集10
[2] [2008年 5月17日 20時37分32秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/61066769792615.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/61066769792615.html

につき御参照頂けますか。







#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」を
御持ちであり。
典型的な
「緊張型めまい感」(あだ名です)=
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」です。

##3
これを「寛解:かんかい:remission:レミッション」
(目に見えない機能性の「病態」を改善に導くことを
「寛解:かんかい:remission:レミッション」と呼称致します)。

##4
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。

##6
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。






------------------------------



アメーバブログ脳神経外科0005
8月から5ヶ月間も原因不明の眩暈があります。
[2] [2009年 1月28日 22時38分57秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/22305681005037.html


★テーマ:「緊張型めまい」「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」




------------------------------









posted by げんき at 08:32| 東京 ☀| 健康・めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未破裂脳動脈瘤が見つかりました。[2]



美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。



頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都



山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++

*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★




未破裂脳動脈瘤が見つかりました。[2]


[2009年 2月10日 15時43分31秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/817027888101624.html



テーマ むずかしい場所の未破裂脳動脈瘤

------------------------------






お名前: けい母   

5、5ミリの未破裂脳動脈瘤が後頭部に見つかり
その病院で手術を進められましたが
何のリスクなどの説明もなく入院進められました。

不安でセカンドオピニオンも受けるつもりですが
この瘤の大きさなら経過観察は可能でしょうか?

家族歴はないです。

手術はしたくないのです。

気持が不安で仕方ないです。

どうかアドバイスを下さい。

年齢:56

[2009年2月06日 22時11分42秒]



------------------------------





世田谷区山本クリニック東京都
世田谷区山本クリニック東京都

++++++++++++++++++++++++


★★ ご回答 ★★





このご相談への個別リンクはこちらです





これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。




#1
##1
「年齢:56 性別:女性 2009/02/06 (金)22:11:42

5、5ミリの未破裂脳動脈瘤が後頭部に見つかり
その病院で手術を進められましたが
何のリスクなどの説明もなく入院進められました。


不安でセカンドオピニオンも受けるつもりですが
この瘤の大きさなら経過観察は可能でしょうか?
家族歴はないです。
手術はしたくないのです。
気持が不安で仕方ないです。

どうかアドバイスを下さい。」
との事です。




#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載は
脳MRI・脳MRAにて発見された「未破裂脳動脈瘤」
の問題として「根が深い」。

##2
或は
脳MRI・脳MRA導入以前からも
他「病態」で「本物の脳血管撮影」にて
「未破裂脳動脈瘤」がみつかった場合等の
「脳神経外科専門医」の「とるべき姿勢」或は
「行うべき判断」は「大きな問題」ではありました。




#3
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載よりは
「脳動脈瘤」は多分に脳MRI・脳MRAにて
みつかったもの。
或は「「脳動脈瘤」であるといわれている」段階であると仮定
させて頂きます。

##2
なんらかの理由にて脳MRI・脳MRAを施行された
ところ。
=>##3

##3
脳MRI・脳MRAにて
5.5mmの「未破裂脳動脈瘤」がみつかった
と仮定させていただきます。
(「病態」の「可能性」が「瘤」であり
「解離」性の紡錘状のものではないとして御回答致します。)







#4
##1
今現在の御相談者の「脳動脈瘤」は。
脳MRI・脳MRAの情報です。
=>##2

##2
今現在の段階では脳MRI・脳MRA情報は。
「脳動脈瘤」の「確定診断」そして
「治療戦略」には何のやくにはたちません。

##3
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。




#5
##1
よって。
いずれにしてもこれから。
「本物の脳血管撮影」等を精査して。
=>##2

##2
本当に「脳動脈瘤」か否か。
そして「脳動脈瘤」の関与する脳動脈の正式な「部位と範囲」等。

##3
手術に附随する情報を「本物の脳血管撮影」を施行して
得なければなりません。






#6
##1
「見つかりその病院で手術を進められましたが
何のリスクなどの説明もなく入院進められました。」
=>##2

##2
これは。
「お受けもちの先生」が御相談者の「脳動脈瘤」が
脳MRI・脳MRAでみつかったものであるから。
=>##3

##3
「本物の脳血管撮影」施行して「脳動脈瘤」であることを確認して
「脳動脈瘤」の性状を精査されて。
手術の必要性の「有無」「時期」を考えなければない段階
での「入院」
であることを意味致しています。

##4
その結果手術をすべきか否かが
御相談者との間で「お受けもちの先生」が
お話しされると考えます。

##5
結果として
手術を希望されないのであれば。
その旨「お受けもちの先生」にお話しされれば
宜しいです。

##6
或は
少し精査まで「間合い」をおかれるのも方法でしょう。







#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
今現在の脳MRI・脳MRAの情報では
セカンドオピニオンを得るにも。
情報不足であるように考えます。

##3
「本物の脳血管撮影」を施行して初めて
「未破裂脳動脈瘤」の手術の是非がとわれることになります。

##4
##3を行うのは
できうれば御相談者が施術を希望される御施設があれば
その御施設のほうが宜しいです。

##5
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご解決を心より御祈り申し上げます。


ps
biglobe/ビッグローブの
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から




脳動脈瘤と気圧について [2] [2005年 4月 3日 9時55分20秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0486111401851339.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0486111401851339.html
も御参照頂けますか。


[2009年2月10日 15時43分31秒]











------------------------------




未破裂脳動脈瘤が見つかりました。 [2] [2009年 2月10日 15時43分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/817027888101624.html



テーマ むずかしい場所の未破裂脳動脈瘤


------------------------------






------------------------------



posted by げんき at 08:24| 東京 ☀| 脳神経外科の病態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする