2013年10月22日

左に集中した後頭部違和感と左側に引っ張られるようなめまい



美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。



頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都



山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++

*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★



左に集中した後頭部違和感と左側に引っ張られるようなめまい


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/997148598152311.html


★テーマ:
「緊張型めまい感」(あだ名です)
「緊張型しびれ(あだ名です)」

「緊張型頭痛」或は「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」

------------------------------





------------------------------

はじめして。

ぜひご相談にさせていただきたい心配事があり、メールをさせて頂きました。

34歳の男性です。

事務の仕事をしており、一日7時間ほどパソコンに向かっております。

8月27日頃から、後頭部に違和感のあるめまいに悩まされております。

違和感と申しますのは、張っているような感じであり、
ぼんのくぼ辺りを下から押し上げられているような感じでもあります。

頭痛は特にございませんが、
後頭部の張りに加え眉間に指を近づけられた時の気持ち悪い感覚が、
眉間から鼻の辺りまで常にあります。
これらの症状は全て左に集中しており右は特に異常を感じません。

めまいのほうは、
グルグルとかフワフワというよりは、
常に左側に引っ張られているような感覚です。

座ったり横になったりすると感じませんが、
立って歩くとよれたりふらつくような感覚があります。

ただ、立ったまま首を回すなどのストレッチをしても、
目は回りますがグラつく事はございません。

また、耳鳴りや聞こえにくい等の症状もございません。

手のしびれもありますが、
これは2ヶ月ほど前に肩甲骨の裏の痛みと腰痛で
整形外科を受診した際に頚椎からきていると言われました。

嘔吐感は無く、
最近内科で血液検査等を行っていただきましたが、
異常は認められませんでした。

めまいは年に数回ありますが、
頭に違和感のあるめまいが起こった事が無かったので
心配しております。

インターネットで調べると、
良からぬ病気で起こりうる症状と、
自分が感じている症状が一致している部分があると
非常に不安になります。

上記の記述の症状では分かりにくい部分もあろうかとは思いますが、
是非お答えを頂戴できればと思っております。

お忙しい中、最後までお読み頂きまして有難うございます。

[2005年9月1日 16時41分54秒]

------------------------------






ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都



++++++++++++++++++

★★ ご回答 ★★



このご相談への個別リンクはこちらです




これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1
「はじめして。
ぜひご相談にさせていただきたい心配事があり、メールをさせ
て頂きました。
34歳の男性です。事務の仕事をしており、
一日7時間ほどパソコンに向かっております。

8月27日頃から、後頭部に違和感のあるめまいに悩まされて
おります。違和感と申しますのは、張っているような感じであ
り、ぼんのくぼ辺りを下から押し上げられているような感じで
もあります。頭痛は特にございませんが、後頭部の張りに加え
眉間に指を近づけられた時の気持ち悪い感覚が、眉間から鼻の
辺りまで常にあります。これらの症状は全て左に集中しており
右は特に異常を感じません。

めまいのほうは、グルグルとかフワフワというよりは、常に左
側に引っ張られているような感覚です。座ったり横になったり
すると感じませんが、立って歩くとよれたりふらつくような感
覚があります。ただ、立ったまま首を回すなどのストレッチを
しても、目は回りますがグラつく事はございません。また、耳
鳴りや聞こえにくい等の症状もございません。

手のしびれもありますが、これは2ヶ月ほど前に肩甲骨の裏の
痛みと腰痛で整形外科を受診した際に頚椎からきていると言わ
れました。

嘔吐感は無く、最近内科で血液検査等を行っていただきました
が、異常は認められませんでした。

めまいは年に数回ありますが、頭に違和感のあるめまいが起こ
った事が無かったので心配しております。インターネットで調
べると、良からぬ病気で起こりうる症状と、自分が感じている
症状が一致している部分があると非常に不安になります。

上記の記述の症状では分かりにくい部分もあろうかとは思いま
すが、是非お答えを頂戴できればと思っております。お忙しい
中、最後までお読み頂きまして有難うございます。」との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##3
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##4
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##5
「後頭部に違和感のあるめまい」が「緊張型」の「症状・症候」になります。


#3
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
及び「緊張型めまい感」(あだ名です)がおありのようです。
また「緊張型しびれ(あだ名です)」もおありのようです。

##2
「ふわふわ感」「くらくら感」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
では「頭痛と等価の「症状・症候」」と考える取り決めが御座います。

##3
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##5
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。

##6
「絵に書いた餅のようにまたは何かの一つ覚えのように
第5第6頚椎椎間板がすりへっていて「頚椎の弯曲」がおかしい或は
「逆弯曲」だと言われてしまいます。
=>##7

##7
「臨床神経学的」に頚椎X線撮影の画像診断の「症状・症候」が
「臨床症候」と合致すれば何も問題もないのですが。

##8
99%ほぼ100%の患者さんで「頚椎X線撮影所見」或いは
「CT・MRI」は「臨床神経診断学」と合致致しません。

##9
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態でも御座います。

##10
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するようにみえるが
間違いなのです。


##11
「インターネットで調
べると、良からぬ病気で起こりうる症状と、自分が感じている
症状が一致している部分があると非常に不安になります。」との事です。
=>##12

##12
「良からぬ病気」がいかなる「病態」を
想定されているのかは全く推察ができません。
=>##13

##13
けれども
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は「良からぬ「病態」」ではありません。


#4
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の治療法ですが。
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##2
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##3
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
(「月木おち」
(saturday − sunday−monday fall)])


##4
しっかり治されるためには
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
でいらっしゃいます。

##3
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##4
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」と
図らずも間違われる場合も有り厄介です。

##5
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと
今の私は考えます。

##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。








------------------------------


左に集中した後頭部違和感と左側に引っ張られるようなめまい

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/997148598152311.html

★テーマ:
「緊張型めまい感」(あだ名です)
「緊張型しびれ(あだ名です)」

「緊張型頭痛」或は「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」

------------------------------






posted by げんき at 08:21| 東京 ☁| 健康・めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首が固まってしまう・背中のコリ・右手こわばり 世田谷区 山本クリニック で治療 したいのですが



美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。



頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都



山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++

*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★



首が固まってしまう・背中のコリ・右手こわばり
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/185277505152957.html


★テーマ:
「緊張型頭痛」或は「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」
「緊張型ぴくつき(あだ名です)」

------------------------------





------------------------------

31歳、女です。

2ヶ月前から右手のこわばりに気づきました。

右背中のコリもあります。

5年くらい前から緊張すると首が固まってしまったようになります、

私は子供のころからすごく緊張するタイプでした。

こわばりは朝が多少ひどいような感じです。

朝ひどく感じるのはむくみのせいでしょうか?

最近右足裏がたまに痛みます。

[2005年9月3日 12時36分48秒]

------------------------------







ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都



+++++++++++++++++++++

★★ ご回答 ★★




このご相談への個別リンクはこちらです





これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1
「31歳、女です。
2ヶ月前から右手のこわばりに気づきました。
右背中のコリもあります。
5年くらい前から緊張すると首が固まってしまったようになります、
私は子供のころからすごく緊張するタイプでした。

こわばりは、朝が多少ひどいような感じです。
朝ひどく感じるのはむくみのせいでしょうか?
最近右足裏がたまに痛みます。」との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「2ヶ月前から右手のこわばりに気づきました。
右背中のコリもあります。
5年くらい前から緊張すると首が固まってしまったようになります、
私は子供のころからすごく緊張するタイプでした。」
との事です。=>##3

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。
1・2ヶ月前から右手のこわばり。
2・右背中のコリがある。
3・5年位前から緊張にて「首が固まる」。
4・子供の頃からすごく緊張する。
5・その他

「5種類」の「症状・症候」がおありのようです。

##3
##2の「症状・症候」からは。
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##5
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##6
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態でも御座います。

##7
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するようにみえるが
間違いなのです。

##8
#3に「機能性頭痛」について簡単にご説明致します。


#3
##1
ここで「機能性頭痛」について簡単にご説明致します。
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##2
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##3
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「症候性頭痛」でなない
「頭痛」を呼称致します。

##4
「機能性頭痛」の中で
「緊張型頭痛」は「頭痛系の「症状・症候」」以外に
「肩こり・頸こり・背中こり」」でくる特徴が御座います。

##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は「頭痛系の「症状・症候」」以外で患者さんを
苦しめることが多いが故に
正診断率の大変低い「頭痛系の「病態」」ということになります。

##6
こわばり=「こり」でくる事が多いものです。
この「こわばり」は「ぴくつき」に移行し
さらに患者さんを苦しめる事が多いものです。


#4
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の治療法ですが。

##2
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##3
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」で御座います。

##3
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##4
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
をお持ちではないでしょうか。

##5
「緊張型」の「症状・症候」とは
一重に「ただひたすら辛い」「症状・症候」であると御考え下さい。

##6
「緊張型」の「病態」とは
両肩に「外す事の出来ない重たいの重荷を背負ったような状態」
とご理解下さい。

##7
「こわばりは、朝が多少ひどいような感じです。
朝ひどく感じるのはむくみのせいでしょうか?」との事です。
=>
「緊張型」の「症状・症候」は
朝方強く「入浴」にて著しく「軽減される」のが特徴です。


##8
さて
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと
今の私は考えます。

##9
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手なかれてくださいませ。

##10
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。








------------------------------

首が固まってしまう・背中のコリ・右手こわばり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/185277505152957.html

★テーマ:
「緊張型頭痛」或は「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」
「緊張型ぴくつき(あだ名です)」

------------------------------






posted by げんき at 08:14| 東京 ☁| 健康・しびれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする