2014年01月15日

6ヶ月の息子の睡眠時ミオクローヌス?痙攣発作? 2 世田谷区 山本クリニック 世田谷



美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。


頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都



山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++
*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★


6ヶ月の息子の睡眠時ミオクローヌス?痙攣発作? 2http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/867440595830889.html

★テーマ:
「小児の痙攣発作」

------------------------------





------------------------------

先日、6ヶ月の息子の睡眠時の痙攣について質問させていただいたものです。

実は、担当の医師が変わりまして、また1からの病状の説明をしたのですが、

「睡眠時ミオクローヌス」は単発のことが多く、10秒以上は長すぎる。
四肢が痙攣するのはわかるが、頭まで全身痙攣するのはおかしい。
一度、入院検査をして投薬治療をしたほうがいい。と言われ、

話をしただけでまだ詳しい検査もしていないのに
こんな小さな子を入院させて、
しかも投薬だなんて不信感を持ち、
結論は出さずに帰宅しました。(脳波の左右非対称もおかしいと)

確かに、むずむず脚症候群など、
ピクピクと手足が痙攣すると書いてあり、
全身するのはおかしいのかなと
医者に言われると思ってしまいますが、どうなんでしょうか?

睡眠時ミオクローヌスのことが詳しくわからず、
脚がビクッとするとか、
ピクピクするという記載ばかりで
息子のような症状は書いてあるものが無く、
反論も出来ず困惑しております。

転院も考えております。

同じような質問を重複してしまい申し訳ありません。

睡眠時ミオクローヌスは全身に及ぶこともありますか?

医師の言う通り投薬は必要でしょうか?

------------------------------







ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都



+++++++++++++++++++

★★ ご回答 ★★


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1
「先日、6ヶ月の息子にの睡眠時の痙攣について
質問させていただいたものです。

実は、担当の医師が変わりまして、また1からの
病状の説明をしたのですが、

「睡眠時ミオクローヌス」は単発のことが多く、
10秒以上は長すぎる。
四肢が痙攣するのはわかるが、頭まで全身痙攣するのは
おかしい。

一度、入院検査をして投薬治療をしたほうがいい。
と言われ、話をしただけでまだ詳しい検査もしていないのに
こんな小さな子を入院させて、しかも投薬だなんて
不信感を持ち、結論は出さずに帰宅しました。
(脳波の左右非対称もおかしいと)

確かに、むずむず脚症候群など、ピクピクと手足が
痙攣すると書いてあり、全身するのはおかしいのかなと
医者に言われると思ってしまいますが、どうなんでしょうか?

睡眠時ミオクローヌスのことが詳しくわからず、
脚がビクッとするとか、ピクピクするという記載ばかりで
息子のような症状は書いてあるものが無く、反論も出来ず
困惑しております。

転院も考えております。

同じような質問を重複してしまい申し訳ありません。

睡眠時ミオクローヌスは全身に及ぶこともありますか?
医師の言う通り投薬は必要でしょうか?」との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「お受けもちの先生」が理由不明ですが変わられた
ようです。

##3
「「睡眠時ミオクローヌス」は単発のことが多く、
10秒以上は長すぎる。
四肢が痙攣するのはわかるが、頭まで全身痙攣するのは
おかしい。

一度、入院検査をして投薬治療をしたほうがいい。
(脳波の左右非対称もおかしいと)」との事です。

##4
「お受けもちの先生」は「御子息様」の「症状・症候」
につき「痙攣発作」=「てんかん」の
可能性を御心配されていらっしゃるのです。

##5
けれども前回の「脳波検査所見」では
明らかな「てんかん「脳波検査所見」」は「得られていない。

##6
「(脳波の左右非対称もおかしいと)」との事です。
けれども前回御回答致しましたように。

##7
「脳波検査所見」の「左右不対称」=「アシンメトリー:asymmetry」
が出現したのは。
「左右非対称だった個所は浅い睡眠のときで紙に10〜15cmの
線でした。」との事です。
=>##8

##8
「脳波検査」の記録用紙は「毎秒3cm」の速度で記録が
進行する・その他「時定数」などが厳密に設定されています。
(「時定数:time constant」については省略)

##9
だから
「脳波検査所見」=「記録紙10-15cm」=「「脳波検査時間」=3-5秒」
「のみ」ですから。
「脳波検査所見」=「左右不対称:asynmmetry」がある・
とは「脳波診断学」からは確定できません。


#3
##1
「確かに、むずむず脚症候群など、ピクピクと手足が
痙攣すると書いてあり、全身するのはおかしいのかなと
医者に言われると思ってしまいますが、どうなんでしょうか?」
との事です。
=>
「RLS(Restless Legs Syndrome)」=「落ち着きのない脚症候群」
にこだわらず。
一般的に「不随意運動:involuntary movement:IM」と呼称
することに致します。
=>
四肢のみでなく頭部まで「不随意運動:involuntary movement:IM」
があってもなんらおかしくはありません。

##2
「医者に言われると思ってしまいますが、どうなんでしょうか?」
=>
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
「お受けもちの先生」は
「御子息様」が「てんかん」或いは「痙攣発作」
ではないかと御心配されている。

##3
「睡眠時ミオクローヌスのことが詳しくわからず、
脚がビクッとするとか、ピクピクするという記載ばかりで
息子のような症状は書いてあるものが無く、反論も出来ず
困惑しております。」
=>
「入眠時ミオクローヌス」或は「睡眠時ミオクローヌス」
の「ミオクローヌス」という用語自体が
「国」によって「大幅」に変わる。
ある意味では曖昧な「臨床神経診断学」の「用語」です。

##4
「RLS(Restless Legs Syndrome)」=「落ち着きのない脚症候群」
=「睡眠時ミオクローヌス」=「夜間ミオクローヌス」
自体が
「極めて古典的な概念」であるが何故か最近
「ふるい箪笥の中からでてきたように」
「用語」が一人歩きしています。

##5
「近代「臨床神経診断学」」では「見直さなければならない」
「範疇(はんちゅう)」のものです。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。


##3
「一度、入院検査をして投薬治療をしたほうがいい。
と言われ、話をしただけでまだ詳しい検査もしていないのに
こんな小さな子を入院させて、しかも投薬だなんて
不信感を持ち、結論は出さずに帰宅しました。」との事です。

##4
いずれにしても「お受けもちの先生」の
御考えの「焦点」は「痙攣発作」か否か。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載を
拝見して総じて「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。

##6
「睡眠時ミオクローヌスは全身に及ぶこともありますか?」
=>
「病態概念」からはいとも簡単に「ありえます」。

##7
「医師の言う通り投薬は必要でしょうか?」
=>
必要ありません。

##8
「転院も考えております。」
=>
御気持ちは大変よく判ります。

##9
時期がきて
「御母様」も考える所あらば
改めて新しい「中枢神経系専門医先生」を
「御受診」されては如何でしょうか。

##10
それまでは一度全てを忘れられてみてはとも
今の私は考えます。
如何でしょうか。

##11
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。







------------------------------

6ヶ月の息子の睡眠時ミオクローヌス?痙攣発作? 2

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/867440595830889.html

★テーマ:
「痙攣発作」

------------------------------






posted by げんき at 08:21| 東京 ☁| 脳神経外科の病態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11歳の息子の偏頭痛? 最近は市販のアスピリンを飲ませています 世田谷区 山本クリニック 世田谷 にお伺い



美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。


頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都



山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++
*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★



11歳の息子の偏頭痛? 最近は市販のアスピリンを飲ませています 世田谷区 山本クリニック 世田谷 にお伺い

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/803731709559546.html

★テーマ:
「緊張型頭痛」或は「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」

------------------------------





------------------------------

今晩は

11歳の息子ですが、小学校あがったころから、
一ヶ月に2回ぐらいのわりあいで、頭痛がおこるようになりました。
時には嘔吐することもあります。

最近は市販のアスピリンを半分に割って飲ませてます

高学年になってから、痛む回数がへってきたように思いますが心配です。

いつも、左の目の上あたりが痛いといってます

あと、視力がかたほうだけ悪くなってるようですが?

関係あるのでしょうか?

[2005年9月10日 19時34分31秒]

------------------------------






ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都




++++++++++++++++++++


★★ ご回答 ★★



ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++
「標題」からは「御母様」は「御子息様」の頭痛を
「偏頭痛」として御心配されているようです。

これは私の感でもあるのですが。
「御子息様」は
「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」のみでは
ないように今の私は考えます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++

#1
##1
「今晩は

11歳の息子ですが、小学校あがったころから、一ヶ月に2回ぐらい
のわりあいで、頭痛がおこるようになりました。
時には嘔吐することもあります。

最近は市販のアスピリンを半分に割って飲ませてます
高学年になってから、痛む回数がへってきたように思いますが
心配です。
いつも、左の目の上あたりが痛いといってます
あと、視力がかたほうだけ悪くなってるようですが?
関係あるのでしょうか?」との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「11歳の息子ですが、小学校あがったころから、一ヶ月に2回ぐらい
のわりあいで、頭痛がおこるようになりました。
時には嘔吐することもあります。」
との事です。

##3
「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」には特有の予兆が御座います。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「御子息様」の頭痛の「症状・症候」からは。

##5
両眼外側の
「閃輝暗点:せんきあんてん」や「視野障害」などの
「予徴候:predrome:プレドローム」からまずははじまり。

これらが消失すると同時に
「頭痛系の「症状・症候」」が発症するといった
「古典的偏頭痛」の予兆は乏しいようです。

##6
「偏頭痛」の成分は御持ちかもしれない。
けれども
他の「機能性頭痛」の成分をお持ちであるような気が致します。

##7
ここで
「機能性頭痛」につき#3に簡単にご説明致します。


#3
##1
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##2
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##3
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「症候性頭痛」でなない
「頭痛」を呼称致します。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載を
「深読み」すると「緊張型頭痛」の成分のほうが大きいように思われる。


#4
##1
「いつも、左の目の上あたりが痛いといってます
あと、視力がかたほうだけ悪くなってるようですが?
関係あるのでしょうか?」
との事です。

##2
「緊張型頭痛」は「眼に来る」のが大きな
特徴のひとつです。

##3
例えば焦点が合いづらい或はピントフオーカスが合いづらいなど・です。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「緊張型頭痛」にわずかに「偏頭痛」の成分の混じった
俗にいう「混合型頭痛」であるような気が致します。

##3
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##4
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれてくださいませ。

##5
大学病院の頭痛専門外来の
「中枢神経系専門医」或は「頭痛専門医」
(この名称の「専門医はいません)でも。

##6
「偏頭痛」の患者さんは宜しいのだが
「緊張型」の患者さんになると苦手な先生は少なくありません。
このことも何卒に覚えておかれて下さい。

##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。



取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。



上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。








----------------------------http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/803731709559546.html

★テーマ:
「緊張型頭痛」或は「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」

------------------------------