2014年02月10日

何科に行っても精神的なものでおわり シェーグレンの疑いを持っていいでしょうか?山本クリニック 世田谷 にお伺いします。

頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都

美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。




東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html


東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci

★★ ご相談 ★★

何科に行っても精神的なものでおわり シェーグレンの疑いを持っていいでしょうか?山本クリニック 世田谷 にお伺いします。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/792357819927023.html

★テーマ:
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

「機能性末梢神経障害疼痛」
「脳神経外科専門医」

------------------------------





------------------------------

出産してから関節痛に悩まされています。
腫れは全くありません。

常にではないのですが、1回なると数週間ほど続きます。
そして治ります。

箇所は手首、足の親指近辺、手の親指近辺等です。

ここ2年ほど何回か繰り返し、悩まされています。

いろんな病院、いろんな科
(整形外科、アレルギー科、リウマチ科、内科等)を回りましたが、
精神的なものって言葉で終わりです。(自律神経失調症)

このごろ毎朝のどがかゆくて、耳鼻科にも通っていました。

今は治まりつつあります。

アレルギー体質で軽度のアトピーです。

3ヶ月に1度ぐらいの頻度で血液検査していますが、マイナスです。

レントゲンの検査をしましたが、マイナスでした。
リウマチ、抗核抗体や通風もマイナスでした。
CRPや血沈もマイナスでした。

通常の血液検査もマイナスで全くの健康と診断されています。

血液検査でシェーグレンの検査はしませんでしたが、
通常の血液検査でひっかかるものなんでしょうか?

シェーグレンの疑いを持ってもいいでしょうか?

その場合何科にかかればいいですか?

ご回答どうそよろしくお願いいたします。

35才、女


------------------------------






ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都





これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1
「出産してから関節痛に悩まされています。腫れは全くありません。
常にではないのですが、1回なると数週間ほど続きます。
そして治ります。箇所は手首、足の親指近辺、手の親指近辺等です。
ここ2年ほど何回か繰り返し、悩まされています。
いろんな病院、いろんな科
(整形外科、アレルギー科、リウマチ科、内科等)を回りましたが、
精神的なものって言葉で終わりです。(自律神経失調症)

このごろ毎朝のどがかゆくて、耳鼻科にも通っていました。
今は治まりつつあります。
アレルギー体質で軽度のアトピーです。

3ヶ月に1度ぐらいの頻度で血液検査していますが、マイナスです。
レントゲンの検査をしましたが、マイナスでした。
リウマチ、抗核抗体や通風もマイナスでした。
CRPや血沈もマイナスでした。

通常の血液検査もマイナスで全くの健康と診断されています。
血液検査でシェーグレンの検査はしませんでしたが、
通常の血液検査でひっかかるものなんでしょうか?
シェーグレンの疑いを持ってもいいでしょうか?
その場合何科にかかればいいですか?
ご回答どうそよろしくお願いいたします。

35才、女」との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「このごろ毎朝のどがかゆくて、耳鼻科にも通っていました。
今は治まりつつあります。
アレルギー体質で軽度のアトピーです。

3ヶ月に1度ぐらいの頻度で血液検査していますが、マイナスです。
レントゲンの検査をしましたが、マイナスでした。
リウマチ、抗核抗体や通風もマイナスでした。
CRPや血沈もマイナスでした。
通常の血液検査もマイナスで全くの健康と診断されています。
血液検査でシェーグレンの検査はしませんでしたが、
通常の血液検査でひっかかるものなんでしょうか?
シェーグレンの疑いを持ってもいいでしょうか?」
との事です。


##3
御持ちでいらっしゃる「症状・症候」のどこから
「シェーグレン症候群」と関連するのか
私には判らず大変困惑しています。


#3
##1
まず
極めて簡単に「シェーグレン症候群」のご説明を致します。

##2
だから細かい部分では蛇足であったり
間違っているかもしれません。
けれども「大筋」を見据えてご理解下さい。

##3
まず「シェーグレン症候群」とは
自己免疫疾患であり涙腺・唾液腺の分泌低下をきたし
「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
を起こしやすくなる症候群です。


##4
「自己免疫疾患」は「自己」でなければ
ただの「アレルギー」だから「シェーグレン症候群」
の患者さんには常に「腫れ物に触るような」手応えが御座います。

##5
何らかの強い「アレルギー」反応で「症状・症候」
が発生するものです。だから「不気味に怖い」感じを患者さん
は御持ちでございます。

##6
「シェーグレン症候群」の患者さんには
一種独特な
皮膚「症状・症候」や臨床血液検査に大変明確な「過敏性」
を主体にする「症状・症候」が御座います。


#4
##1
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##2
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の可能性が御座います。

##4
「緊張型」は
正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。

##5
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##6
意味も無く「疲労ですね」或いは
「ストレスですね」等と医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。


#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御持ちでいらっしゃる「症状・症候」のどこから
「シェーグレン症候群」と関連するのか
私には判らず大変困惑しています。

##3
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」。

##4
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
「肩こり・頸こり・背中こり」」を主とされて。その他の「症状・症候」は「副」とされて。

##8
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害疼痛」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
「御受診」される事をお勧め致します。

##9
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害疼痛」に苦手な先生もいらっしゃいます。
このことは何卒に御銘記下さいませ。

##10
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##11
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

##12
また「シェーグレン症候群」に関連する御相談は

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html

の「過去の御相談と御回答」
「シェーグレンか [2] [2003年10月16日 9時10分14秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/244136560781957.html
に御座います。
何卒に御参照下さい。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp








------------------------------

★テーマ:
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

「機能性末梢神経障害疼痛」
「脳神経外科専門医」

------------------------------







posted by げんき at 08:26| 東京 ☀| 機能性末梢神経障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする