2014年07月23日

締め付けられる頭痛と悪心・嘔吐。右耳がボワーンとし肩こり・眼の奥の痛み 山本クリニック 世田谷 で治したい



締め付けられる頭痛と悪心・嘔吐。右耳がボワーンとし肩こり・眼の奥の痛み 山本クリニック 世田谷 で治したい http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0419361580434305.html

★テーマ:
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」+
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」*
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

------------------------------





------------------------------

お名前:匿名希望

35歳女 

昨日朝から締め付けられるような激しい頭痛がし、夜
ご飯はきもちわるくて嘔吐しました。

すごく眠たくて早めにねむったのですが、
今日もずっと頭がいたいのです。

一時的ですが頭の右後ろ側がジーンとして、
右耳がボワーンときこえるときもありました。

同時に肩こりと、目の奥の痛みもはげしいです。

関係ないかもしれませんが、
一週間前から手足の湿疹もすごいです(これはなおりかけてます)

即に病院に行ったほうがよいですか。

[2007年2月19日 14時50分35秒]

------------------------------






ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都




これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
典型的な「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」です。

あわせて
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」
と。
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」
の成分をお持ちの様です。

慌てる必要はありません。


けれども
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「35歳女 
昨日朝から締め付けられるような激しい頭痛がし
、夜ご飯はきもちわるくて嘔吐しました。

すごく眠たくて早めにねむったのですが、
今日もずっと頭がいたいのです。

一時的ですが頭の右後ろ側がジーンとして、
右耳がボワーンときこえるときもありました。

同時に肩こりと、目の奥の痛みもはげしいです。
関係ないかもしれませんが、
一週間前から手足の湿疹もすごいです
(これはなおりかけてます)


即に病院に行ったほうがよいですか。」
との事です。




#2
##1
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##2
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」
が元来よりお強い様であれば。
急性「病態」ではないです。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」です。

##4
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##5
また
「月木おち」(saturday-sunday-monday fall)]
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##6
「週末症侯群:week-end syndrome」と呼称し「休日」が「窮日」となり
休息を取れなくなり
ます。




#3
##1


「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に関しましては
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から



「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
[2] [2007年 1月17日 20時13分51秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/657075506243022.html
を御参照頂けますか。
コピー致します。「★★★どうぞごらんくださいませ★★★」



##2
「一時的ですが頭の右後ろ側がジーンとして、
右耳がボワーンときこえるときもありました。
同時に肩こりと、目の奥の痛みもはげしいです。」
との事です。
=>##3


##3

また聞きなれない「病態」かもしれませんが
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
及び
或いは
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」も御持ちの様です。

##4
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」

「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
によく併発致します。

##5
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」に
つきましては


山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から




ここ2ヶ月鼻と鼻の間の左側を触ると嫌な痛みがあります。
[2] [2007年 1月25日 18時17分33秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/157293660639883.html
御参照頂けますか。




##6
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」
につきましては
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html




「過去の御相談と御回答」から
5-6年前から左耳の耳介の奥(鼓膜でもない耳の奥)に痛み
[2] [2006年10月 8日 15時 3分52秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/979457268797891.html
を御参照頂けますか。



##7
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」

極めて判りやすくいえば
基本的には
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」と
いずれも「延長線上あるいは同一線上にある病態」です。

##8
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)



#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「即に病院に行ったほうがよいですか」
との事です。
=>
慌てる必要はありません。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は慢性「病態」です。

##3
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
=>
「月木おち」(saturday-sunday-monday fall)]
また
「週末症侯群:week-end syndrome」と呼称し
「休日」が「窮日」となり休息を取れなくなります。



##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に併発して
「症状・症候」としては
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」

「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」
の「症状・症候」が伺えます。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
この「病態」は
しっかりと治されていたほうが
宜しいと今の私は考えます。


##5
けれども
「しっかりと治すためには」
「即病院にいけば」
脳CT・脳MRIで「「異常所見」無し」
といわれ「治療戦略」に至らない可能性が大きい。

##6
落ち着かれて
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」に
お強い「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。


##7
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」で
も「頭痛」「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっいます。
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。


##8
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##10
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年2月19日 18時45分52秒]









締め付けられる頭痛と悪心・嘔吐。右耳がボワーンとし肩こり・眼の奥の痛み

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0419361580434305.html

★テーマ:
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」+
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」*
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

------------------------------