2013年04月07日

友人(40歳女)が脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration)発音が不明瞭、足のもつれ 

頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都




美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。

山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++

*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★

友人(40歳女)が脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration)発音が不明瞭、足のもつれ

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/548454381133528.html

★テーマ:
「小脳皮質を主としたの変性」で「症状・症候」がくる
「皮質性小脳萎縮症:cortical cerebellar atrophy:CCA」

「脊髄小脳変性症」は判りやすくいうと
「中枢神経の多発の変性」で「症状・症候」がくる場合
「小脳皮質を主としたの変性」で「症状・症候」がくる場合の2種類

------------------------------





------------------------------

初めまして

山本博昭先生

初めまして。

実は、私の友人(40歳の女性)ですが、
約1年ほど前から舌がもつれるようになり、
「らりるれろ」の発音が不明瞭になりはじめました。

それと同時に、足がもつれるようになり、
夏を過ぎた頃にはまっすぐに歩けないような状況になり、
去年の12月に大学病院に入院いたしました。

約3週間に及ぶ検査入院でしたが、
結論は「脊椎小脳変性症」という診断でした。

「原因がよくわからない」ということで、
処方されたお薬を飲むだけの毎日です。

このような場をお借りして、
このようなお話をするのは大変場違いであり、失礼かと存じましたが、
彼女が診断された「脊椎小脳変性症」の治療に関しまして、
積極的に取り組まれておられるドクターや病院をご存知でありましたら、
お教え願いたくよろしくお願い申し上げます。

[2006年3月2日 13時50分18秒]

------------------------------









山本クリニック 世田谷 東京
山本クリニック 世田谷 東京



山本クリニック 世田谷

+++++++++++++++++++

★★ ご回答 ★★
このご相談の個別リンクはこちらです

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration=SCD)」
の場合は
「神経内科専門医先生」が複数常在する御施設・
たとえば大学病院や大きな公立病院などの
「神経内科専門医先生」を御受診されることを
お勧め致します。

このような観点からは御相談者の御友人は
もうこのような御施設を「御受診」されては
いるのです。


けれども
「脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration=SCD)」に関しては
「「得意な先生」=「上手な先生」と。
「脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration=SCD)」
の診断はするが「治療戦略」が
苦手の皮膚の先生がいらっしゃることに何卒ご留意下さい。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++

#1
##1
「初めまして


山本博昭先生

初めまして。
実は、私の友人(40歳の女性)ですが、
約1年ほど前から舌がもつれるようになり、
「らりるれろ」の発音が不明瞭になりはじめました。


それと同時に、足がもつれるようになり、
夏を過ぎた頃にはまっすぐに歩けないような
状況になり、去年の12月に大学病院に入院いたしました。

約3週間に及ぶ検査入院でしたが、
結論は「脊椎小脳変性症」という診断でした。

「原因がよくわからない」ということで、
処方されたお薬を飲むだけの毎日です。

このような場をお借りして、
このようなお話をするのは大変場違いであり、失礼かと
存じましたが、

彼女が診断された「脊椎小脳変性症」の治療に関しまして、
積極的に取り組まれておられるドクターや病院を
ご存知でありましたら、お教え願いたく
よろしくお願い申し上げます。」との事です。


#2
##1
「脊髄小脳変性症」(spino-cerebellar degeneration:scd)
には極めて判りやすくいうと。
###1
「中枢神経の多発の変性」で「症状・症候」がくる場合
###2
「小脳皮質を主としたの変性」で「症状・症候」がくる
場合

##2
##1の「2種類」に分ける考え方がございます。

#3
##1
###1
「中枢神経の多発の変性」で「症状・症候」がくる場合
を「多系統萎縮症:multiple system atrophy:MSA」
と呼称致します。

###2
「小脳皮質を主としたの変性」で「症状・症候」がくる場合
を「皮質性小脳萎縮症:cortical cerebellar atrophy:CCA」
と呼称致します。


##2
いずれも非遺伝性のときの分類のしかたなのですが。

##3
「約1年ほど前から舌がもつれるようになり、
「らりるれろ」の発音が不明瞭になりはじめました。


それと同時に、足がもつれるようになり、
夏を過ぎた頃にはまっすぐに歩けないような
状況になり、去年の12月に大学病院に入院いたしました。」
との事です。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「小脳皮質を主としたの変性」で「症状・症候」がくる
「皮質性小脳萎縮症:cortical cerebellar atrophy:CCA」
の「病態」で御座います。





#3
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration=SCD)」
び関しては
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」
が沢山御座います。

##3
お役に立つかは推察できませんが

1・
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
の「過去の御相談と御回答」

「小脳変性症 [2] [2003年11月19日 19時18分44秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/165797906535776.html
を御参照頂けますか。

コピー致します=>「ごらんくださいませ1」

2・
山本クリニック昔の脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/bbs1/index.html
から
「脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration=SC」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/bbs1/638929124995233.html

をも御参照頂けますか。

コピー致します=>「ごらんくださいませ2」




#3結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration=SCD)」の場合は
「神経内科専門医先生」が複数常在する御施設・
たとえば大学病院や公立病院などの「神経内科専門医先生」を御受診される
ことをお勧め致します。

##3
このような観点からは御相談者の御友人は
もう##2のような御施設を「御受診」されては
いるのです。

##4
けれども
「脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration=SCD)」に関しては
「「得意な先生」=「上手な先生」と。
「脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration=SCD)」
の診断はするが。

「脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration=SCD)」の
「治療戦略」が
苦手の皮膚の先生がいらっしゃることに何卒ご留意下さい。

##5
「脊髄小脳変性症」(spino-cerebellar degeneration:scd)
には極めて判りやすくいうと。
###1
「中枢神経の多発の変性」で「症状・症候」がくる場合
###2
「小脳皮質を主としたの変性」で「症状・症候」がくる
場合

の「2種類」に分ける考え方がございます。

#3
##1
###1
「中枢神経の多発の変性」で「症状・症候」がくる場合
を「多系統萎縮症:multiple system atrophy:MSA」
と呼称致します。

###2
「小脳皮質を主としたの変性」で「症状・症候」がくる場合
を「皮質性小脳萎縮症:cortical cerebellar atrophy:CCA」
と呼称致します。



いずれも非遺伝性のときの分類のしかたなのですが。


「約1年ほど前から舌がもつれるようになり、
「らりるれろ」の発音が不明瞭になりはじめました。


それと同時に、足がもつれるようになり、
夏を過ぎた頃にはまっすぐに歩けないような
状況になり、去年の12月に大学病院に入院いたしました。」
との事です。


御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「小脳皮質を主としたの変性」で「症状・症候」がくる
「皮質性小脳萎縮症:cortical cerebellar atrophy:CCA」
の「病態」で御座います。


##6
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。

##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。



取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。



上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci


[2006年3月2日 15時6分21秒]








------------------------------

友人(40歳女)が脊髄小脳変性症(spino cerebellar degeneration) 発音が不明瞭、足のもつれ

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/548454381133528.html

★テーマ:
「小脳皮質を主としたの変性」で「症状・症候」がくる
「皮質性小脳萎縮症:cortical cerebellar atrophy:CCA」

「脊髄小脳変性症」は判りやすくいうと
「中枢神経の多発の変性」で「症状・症候」がくる場合
「小脳皮質を主としたの変性」で「症状・症候」がくる場合の2種類

------------------------------






posted by げんき at 15:23| 東京 ☀| 健康・医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする