2013年06月04日

頭痛・吐き気・ぴくつき・耳の閉塞感などの諸症状。山本クリニック 世田谷 にお伺い。


★ご相談★

頭痛や諸症状


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/508646734598191.html

★テーマ:
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
「緊張型ぴくつき」(あだ名です)

------------------------------






------------------------------

お名前:ペコ

27歳女です。

11月に入り、様々な体調不良が現れ、何か病気なのでは?と心配になりました。

相談させて下さい。

頭痛の始まりは、後頭部の神経が一瞬ズキンとするような痛みが時々起こりました。

その後は頭全体が激しい痛みではなく鈍い痛みで、夜になると耳がつまった感じが今現在も続いています。

緊張型頭痛によく似ていると思うのですが、私の痛みは今は後頭部というよりは前頭です。

そして首・肩を暖めても一向に良くなる気配はありません。

またストレッチや運動がいいと聞き、試してみても、余計に痛みが増し、吐き気もしてきます。

他には、頭痛と同時に歯がうずくように痛くなり、歯医者に行ったものの虫歯は無いとの事でした。

そして立ち上がったり、動作を開始する時にクラクラして動悸がします。

また、体や頭皮?が時々ピクンピクンとします。

私のこの諸症状は、やはり緊張型頭痛からくるものなのでしょうか?

知人からは自律神経系なのでは?とも言われます。

もし病院へ行くとした場合、何科に行った良いでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご回答宜しくお願いします。

[2004年11月13日 23時30分54秒]

------------------------------







ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都
ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都



ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都
ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都





ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都
ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都
ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都



ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都


++++++++++++++++++++++++++++++

★ご回答★

この御相談への個別リンクはこちらです

ご心配なことと存じます。

御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。
典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」で御座います。
その他「胃ばけ(あだ名です)」「緊張型ふわふわ感」(あだ名です)
「緊張型ぴくつき」(あだ名です)もおありになるようです。

下記順を追って御回答致します。

#1
##1
「27歳女です。

11月に入り、様々な体調不良が現れ、何か病気なのでは?と心配になりました。

相談させて下さい。

頭痛の始まりは、後頭部の神経が一瞬ズキンとするような痛みが時々起こりました。

その後は頭全体が激しい痛みではなく鈍い痛みで、夜になると耳がつまった感じが今現在も続いています。

緊張型頭痛によく似ていると思うのですが、私の痛みは今は後頭部というよりは前頭です。

そして首・肩を暖めても一向に良くなる気配はありません。

またストレッチや運動がいいと聞き、試してみても、余計に痛みが増し、吐き気もしてきます。

他には、頭痛と同時に歯がうずくように痛くなり、歯医者に行ったものの虫歯は無いとの事でした。

そして立ち上がったり、動作を開始する時にクラクラして動悸がします。

また、体や頭皮?が時々ピクンピクンとします。

私のこの諸症状は、やはり緊張型頭痛からくるものなのでしょうか?

知人からは自律神経系なのでは?とも言われます。

もし病院へ行くとした場合、何科に行った良いでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご回答宜しくお願いします。」との事です。


#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」で御座います。

##3
「頭痛の始まりは、後頭部の神経が一瞬ズキンとするような痛みが時々起こりました。

その後は、頭全体が激しい痛みではなく、鈍い痛みで、夜になると耳がつまった感じが今現在も続いています。

緊張型頭痛によく似ていると思うのですが、私の痛みは今は後頭部というよりは前頭です。」との事です。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「後頭部」ー「後頚部」に疼痛がくることが多いものです。

##5
けれども「後頭部」ー「後頚部」の次の「好発部位」は前頭部で御座います。

##6
御婦人は「痛み」に強いので殿方と異なり
「行き着くところまでいって」苦労される方が多いです。

##7
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「機能性頭痛」であるので#3に「機能性頭痛」に関して簡単にご説明致します。



#3
##1
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##2
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##3
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」に起因する「症候性頭痛」でない場合の頭痛を呼称いたします。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「頭痛系の「症状・症候」」以外で患者さんが悩まれることが多いものです。

##5
これらの「頭痛系の「症状・症候」」以外の「症状・症候」は総じて
「体調不良」と表現される患者さんが多いものです。「

##6
そのため「緊張型頭痛」というよりは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」と呼称される所以でもあります。

##7
「そして立ち上がったり、動作を開始する時にクラクラして動悸がします。

また、体や頭皮?が時々ピクンピクンとします。」との事です。

##8
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」では
「ふわふわ感」「くらくら感」も「頭痛系の「症状・症候」」或いは
「「頭痛」と「等価」と考えることになっています。

##9
また「緊張型ぴくつき」(あだ名です)もおありになるようです。
この「緊張型ぴくつき」(あだ名です)を
「振戦:しんせん」と間違えて
「パーキンソン症候群」と勘違いされる事例も御座います。


#4
##1
「その後は頭全体が激しい痛みではなく鈍い痛みで、夜になると耳がつまった感じが今現在も続いています。」との事です。

##2
「耳の閉塞感」や「鼻の閉塞感」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の特有の「症状・症候」でも御座います。

##3
「またストレッチや運動がいいと聞き、試してみても、
余計に痛みが増し、吐き気もしてきます。」との事です。

=>

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」に特有な
「胃ばけ(あだ名です)」という「症状・症候」もおありのようです。

##5
「緊張型頭痛」に関して「何かの一つ覚え」のように
「ストレッチ」をしなさいとか「リラクセーション」をしなさいとか
いわれることがありますが感心しません。

##6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
正診断率の大変低い「頭痛系の「「病態」」」で御座います。

##7
「耳鼻科疾患」「歯科口腔外科疾患」「自律神経失調症」
「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」等とよく間違えられます。

##8
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##9
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の治療法ですが
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##10
「緊張型」の「症状・症候」ですが原因はともかく誘引は
###1水分の足りない状態でいらっしゃり
###2夜間就眠時に背中を冷やすことにより発生致します。

##11
ストレスには弱くなります。

##12
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。

##13
しっかりと治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。



#5結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」で御座います。

##3
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##4
11月は「症状・症候」が御強い患者さんがおおいですからご注意下さい。

##5
しっかりと治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれてくださいませ。

##7
大学病院の「頭痛専門外来」の
「頭痛専門医(この名称の専門医はありません)」の先生でも
「偏頭痛」の患者さんは「ごらんになられる」けれども
「緊張型頭痛」の患者さんが苦手な先生は多いものです。

##8
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。


[2004年11月14日 8時31分51秒]








------------------------------

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/508646734598191.html

★タイトル
頭痛や諸症状

★テーマ:
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
「緊張型ぴくつき」(あだ名です)

------------------------------






posted by げんき at 21:44| 東京 ☀| 健康・医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする