2013年10月29日

脱力感、筋肉のぴくつき、等々、検査結果が出るまで不安



美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。


頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都



山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++
*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/212337028076039.html

★タイトル
脱力感、筋肉のぴくつき、等々、検査結果が出るまで不安
★テーマ:
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
「緊張型ぴくつき」(あだ名です)である可能性が極めて強いと今の私は考えます

------------------------------






------------------------------

36歳男性です。

1年半前より腕の脱力感と筋肉のぴくつきが始まり、神経内科を受診。

血液検査、頭のCT、首のMRI、筋電図を行い、異常なしとのこと。

その後、脱力感もなくなり、ぴくつきはあったものの気にならなかったが、

2週間ほど前、また両腕の脱力感が始まり、筋肉のぴくつきも増えました。

右手薬指と右足薬指が突っ張る感じもします。

神経内科で色々診た後、血液検査と筋電図をやりましたが、

結果および診察が2週間後ということでまだ出てません。

手や口のあたりがこわばる感じもしてきました(食べるのも億劫です)。

ぴくつきも腕や脚だけでなく、背中やお腹、土踏まず等あらゆるところに出ます。

脱力感は夜の方が強いです。

症状が強くなる前は一日中座りっぱなしで集中する業務を行っていたためか、

かなりの肩や首の凝りがあり、今は背中の凝りも強い。

こちらでご回答されている「緊張型頭痛」の複合病態にも思えますがいかがでしょう?

検査結果が出るまで不安です。

お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い致します。

[2004年10月9日 20時59分59秒]

------------------------------







ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都



+++++++++++++++++

★★ ご回答 ★★


このご相談への個別リンクはこちらです






ご心配なことと存じます。

#1
##1
「36歳男性です。

1年半前より腕の脱力感と筋肉のぴくつきが始まり、神経内科を受診。

血液検査、頭のCT、首のMRI、筋電図を行い、異常なしとのこと。

その後、脱力感もなくなり、ぴくつきはあったものの気にならなかったが、

2週間ほど前、また両腕の脱力感が始まり、筋肉のぴくつきも増えました。

右手薬指と右足薬指が突っ張る感じもします。

神経内科で色々診た後、血液検査と筋電図をやりましたが、

結果および診察が2週間後ということでまだ出てません。

手や口のあたりがこわばる感じもしてきました(食べるのも億劫です)。

ぴくつきも腕や脚だけでなく、背中やお腹、土踏まず等あらゆるところに出ます。

脱力感は夜の方が強いです。

症状が強くなる前は一日中座りっぱなしで集中する業務を行っていたためか、

かなりの肩や首の凝りがあり、今は背中の凝りも強い。

こちらでご回答されている「緊張型頭痛」の複合病態にも思えますがいかがでしょう?

検査結果が出るまで不安です。

お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い致します」との事です。


#2
##1
「症状が強くなる前は一日中座りっぱなしで集中する業務を行っていたためか、

かなりの肩や首の凝りがあり、今は背中の凝りも強い。

こちらでご回答されている「緊張型頭痛」の複合病態にも思えますがいかがでしょう?」との事です。

##2
御相談者の御記載内容を熟読させて頂きました。

##3
御相談者は「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」につき「情報」は御持ちであると考えます。

##4
「神経内科で色々診た後、血液検査と筋電図をやりましたが、

結果および診察が2週間後ということでまだ出てません・略・検査結果が出るまで不安です」との事です。

##5
一度「「筋電図・誘発筋電図・神経伝道速度(感覚・運動)」を検査されて
「異常所見無し」であったのであれば
「筋電図・誘発筋電図・神経伝道速度(感覚・運動)」を「再度」精査されても
「異常所見」がでるべくもありません。

##6
「症状が強くなる前は一日中座りっぱなしで集中する業務を行っていたためか、

かなりの肩や首の凝りがあり、今は背中の凝りも強い」であれば。

##7
積極的に「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」及び
「緊張型ぴくつき」(あだ名です)を考えられたほうが宜しいものと今の私は考えます。


#3
##1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は
「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「脳MRI脳梗塞」とよく間違えられます。

##2
「結論的」には意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##3
御相談者の御記載内容からは
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」としても
「症状・症候」はかなり強いように思われます。

##4
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」及び
「随伴「症状・症候」」である「緊張型ぴくつき」(あだ名です)については。

##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を御受診され
一気に解決に走られたほうが速いようにも今の私は考えます。


#4結論:
##1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
「緊張型ぴくつき」(あだ名です)である可能性が極めて強いと今の私は考えます。

##2
「背中ばりばり」(あだ名です)
「背中にわたり激痛が走るあるいは鈍痛のような痛み」=
「背中ばりばり症候群」(あだ名です)もおありのようです。

##3
「ぴくつきも腕や脚だけでなく、背中やお腹、土踏まず等あらゆるところに出ます。

脱力感は夜の方が強いです」との事です。

##4
「緊張型」の「前への押し寄せ」の「症状・症候」もおありのようです。

##5
「症状が強くなる前は一日中座りっぱなしで集中する業務を行っていたためか、

かなりの肩や首の凝りがあり、今は背中の凝りも強い」との「症状・症候」を主訴とされて。

##6
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##7
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」が苦手な先生がいらっしゃいます。
このことを何卒覚えておかれてくださいませ

##8
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。


[2004年10月10日 10時27分5秒]








------------------------http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/212337028076039.html

★タイトル
脱力感、筋肉のぴくつき、等々、検査結果が出るまで不安

★テーマ:
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
「緊張型ぴくつき」(あだ名です)である可能性が極めて強いと今の私は考えます

------------------------------






posted by げんき at 08:14| 東京 ☁| 健康・しびれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする