2013年12月09日

食道のびらん?「もし悪いものだったら」と恐怖におびえてます。



美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。


頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都



山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++
*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/580284989745454.html

★タイトル
食道のびらん?「もし悪いものだったら」と恐怖におびえてます。

★テーマ:
「食道のびらん」というのは大変深刻な「病態」です。
御相談者様は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の併発「症状・症候」である。
「胃食道逆流症(GERD、gastroesophageal reflux diseaseの略)」の「病態」と考えます。
内視鏡で食道に「びらん」があるということは細胞診(さいぼうしん)では「大変」なことです。
ご心配は無用と考えます。

------------------------------






------------------------------

お名前:きょーこ

こんにちは、ご無沙汰しております。

7,8月と調子が良く、8月は実家に帰ってビールばかり飲んでいたのですが、
17日に東京に帰ってから体調がおかしくなりました。

初めは旅行や夏の疲れと思ったのですが、胃の調子が悪く、のども痛く、
午後は娘よりも自分が昼寝をしなくてはやってなれないくらい眠くなり、
食事を飲み込むのも、のどの痛みが激しいので一昨日、耳鼻咽喉科に行ってきました。
そのときに、慢性の扁桃腺炎をわずらっている上に鼻炎もあるといわれ、
熱を測ったところ37度2分ありました。

先日もあまりしんどいので何度か熱を測ったところ、
37度前後必ずあって、平熱が35度代なのですこししんどいな、かぜかなと思っていました。

耳鼻咽喉科の先生が「飲み込むのに痛いなら消化器科に行って食道も見てもらったら」と言われ、
昨日、消化器科に行って胃カメラを飲むと、22センチのところに
少し大き目の「びらん」があると言われました。
バリウムで形状を見ると、お手本の食道のように美しいし、
びらんの見た目からも悪いものではないとは思うけれど、
一応細胞をとって調べてもらいましょうということになって、
「もし、悪いものだったら…」と恐怖におびえてます。

ここ3週間ほど食事と合わせ、1日にビールの350ミリ缶を5−6本、飲んでました。
薬もビールを飲んでいるにもかかわらず、
「セパゾン」や「アモキサン」「ルボックス」なども飲んでいましたし、
のどが痛くなってから以前もらっていた「ノイチーム」や「ムコダイン」
「エバステル」「ダーゼン」を自己流で飲んだりもしていました。

今ものど仏辺り(実際にはのど仏はないですが)の痛み、
午前中の鼻汁、そして午後からの眠気は相変わらずで、
もちろん肩こり、首凝り、せなかばりばりがひどいです。

背中バリバリは不思議なことに東京に帰るまで実家では収まっていました。

食道の「びらん」は山本先生はご覧になってないので、
何ともおっしゃれないでしょうが、やはり心配でたまりません。

来週の火曜日に結果を聞きに行くのですが毎日が長いです。

薬やアルコールで食道にびらんができる事はあるのでしょうか?

[2004年9月1日 18時28分5秒]

------------------------------







ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都




ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都






ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都


++++++++++++++++

★★ ご回答 ★★


ご心配なことと存じます。

#1
##1
「こんにちは、ご無沙汰しております。

7,8月と調子が良く、8月は実家に帰ってビールばかり飲んでいたのですが、
17日に東京に帰ってから体調がおかしくなりました。

初めは旅行や夏の疲れと思ったのですが、胃の調子が悪く、のども痛く、
午後は娘よりも自分が昼寝をしなくてはやってなれないくらい眠くなり、
食事を飲み込むのも、のどの痛みが激しいので一昨日、耳鼻咽喉科に行ってきました。
そのときに、慢性の扁桃腺炎をわずらっている上に鼻炎もあるといわれ、
熱を測ったところ37度2分ありました。

先日もあまりしんどいので何度か熱を測ったところ、
37度前後必ずあって、平熱が35度代なのですこししんどいな、かぜかなと思っていました。

耳鼻咽喉科の先生が「飲み込むのに痛いなら消化器科に行って食道も見てもらったら」と言われ、
昨日、消化器科に行って胃カメラを飲むと、22センチのところに
少し大き目の「びらん」があると言われました。
バリウムで形状を見ると、お手本の食道のように美しいし、
びらんの見た目からも悪いものではないとは思うけれど、
一応細胞をとって調べてもらいましょうということになって、
「もし、悪いものだったら…」と恐怖におびえてます。

ここ3週間ほど食事と合わせ、1日にビールの350ミリ缶を5−6本、飲んでました。
薬もビールを飲んでいるにもかかわらず、
「セパゾン」や「アモキサン」「ルボックス」なども飲んでいましたし、
のどが痛くなってから以前もらっていた「ノイチーム」や「ムコダイン」
「エバステル」「ダーゼン」を自己流で飲んだりもしていました。

今ものど仏辺り(実際にはのど仏はないですが)の痛み、
午前中の鼻汁、そして午後からの眠気は相変わらずで、
もちろん肩こり、首凝り、せなかばりばりがひどいです。

背中バリバリは不思議なことに東京に帰るまで実家では収まっていました。

食道の「びらん」は山本先生はご覧になってないので、
何ともおっしゃれないでしょうが、やはり心配でたまりません。

来週の火曜日に結果を聞きに行くのですが毎日が長いです。

薬やアルコールで食道にびらんができる事はあるのでしょうか?」との事です。


#2結論:
##1
「食道のびらん」というのは大変深刻な「病態」です。

##2
御相談者様の場合は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の併発「症状・症候」である。

##3
「胃食道逆流症(GERD、gastroesophageal reflux diseaseの略)」の「病態」と考えます。

##4
内視鏡で食道に「びらん」があるということは細胞診(さいぼうしん)では「大変」なことです。

##5
「お受けもちの先生」から御説明があるとしても「若干の食道粘膜細胞の「変性」がある」ていどではないでしょうか。

##6
ご心配は無用と考えます。

##7
「胃食道逆流症(GERD、gastroesophageal reflux diseaseの略)」をお持ちの患者さんは
「胃液」の「胃食道逆流」を無意識の中で「防御」するために。
無意識の中で夜間睡眠中に「右側臥位」にて就眠されるくせが御座います。

##8
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
「胃食道逆流症(GERD、gastroesophageal reflux diseaseの略)」です。

##9
(昔逆流性食道炎といわれましたがこの「用語」は用いられなくなりました。

##10
「薬やアルコールで食道にびらんができる事はあるのでしょうか?」との事です。

##11
##10はよほどの「劇薬」を内服されない限り、
「例えば塩酸」をのむとかでない限り、通常の内服薬でおきることは稀な「病態」では御座います。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


[2004年9月1日 18時29分38秒]








------------------------------


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/580284989745454.html

★タイトル
食道のびらん?「もし悪いものだったら」と恐怖におびえてます。

★テーマ:
「食道のびらん」というのは大変深刻な「病態」です。
御相談者様は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の併発「症状・症候」である。
「胃食道逆流症(GERD、gastroesophageal reflux diseaseの略)」の「病態」と考えます。
内視鏡で食道に「びらん」があるということは細胞診(さいぼうしん)では「大変」なことです。
ご心配は無用と考えます。

------------------------------