2013年12月14日

頭痛+めまい+悪心+胸苦+吐気 山本クリニック 世田谷 の先生どうすればよいでしょう。



美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。


頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都



山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++
*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★



http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/665040035340102.html

★タイトル
頭痛+めまい+悪心+胸苦+吐気 山本クリニック 世田谷 の先生どうすればよいでしょう。

★テーマ:
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
「緊張型めまい」(あだ名です)

------------------------------





------------------------------

以前「2月ごろより頭痛や後頭部の不快感、鈍痛」のタイトルにてご相談させていただきました。

38歳男 コンピュータ関連の会社員です。

その節は本当にありがとうございました。

早速、頭痛の得意な神経内科を受診致しました。
その際デパスを処方されまして、2ヶ月ほど症状が緩和されておりました。

ただ、最近1週間前ほどより、頭痛というよりは、
めまいや悪心、胸苦しさ、吐き気の方が症状として出てきております。
(実際に吐くことはありません。)
肩こりもさほどひどくはありません。

神経内科の先生からは、「むしろ直りかけていると考えてください」と言われました。

今までは一日1錠(0.5mg)のデパスを1日朝、夕の2回処方されました。

このように直りかけている状態と考えてよいのでしょうか?

不安から心配しすぎではないかと思いますが
デパスの副作用、あるいは脳梗塞や脳腫瘍等の別の疾患ということは考えられないのでしょうか?

再度のご質問で申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いいたします。

[2004年12月23日 11時46分38秒]

------------------------------







ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都


++++++++++++++++++

★★ ご回答 ★★


ご心配なことと存じます。

#1
##1
「以前「2月ごろより頭痛や後頭部の不快感、鈍痛」のタイトルにてご相談させていただきました。

38歳男 コンピュータ関連の会社員です。

その節は本当にありがとうございました。

早速、頭痛の得意な神経内科を受診致しました。
その際デパスを処方されまして、2ヶ月ほど症状が緩和されておりました。

ただ、最近1週間前ほどより、頭痛というよりは、
めまいや悪心、胸苦しさ、吐き気の方が症状として出てきております。
(実際に吐くことはありません。)
肩こりもさほどひどくはありません。

神経内科の先生からは、「むしろ直りかけていると考えてください」と言われました。

今までは一日1錠(0.5mg)のデパスを1日朝、夕の2回処方されました。

このように直りかけている状態と考えてよいのでしょうか?

不安から心配しすぎではないかと思いますが
デパスの副作用、あるいは脳梗塞や脳腫瘍等の別の疾患ということは考えられないのでしょうか?

再度のご質問で申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いいたします。」との事です。


#2
##1
頭痛のお得意な「神経内科専門医先生」を「御受診」されて宜しかったですね。

##2
「緊張型頭痛」は
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##3
今は12月です。けれども「12月=2月と同じ」と置換えて御考え頂きたいのですが。

##4
この時期に「緊張型」の患者さんは「症状・症候」が悪化することが多いものです。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
胃ばけ(あだ名です)の「症状・症候」がこられています。

##6
また「ふわふわ感」「くらくら感」=「緊張型めまい」(あだ名です)も出現しているようです。

##7
また「胸苦しさ」は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」に特有な「症状・症候」で御座います。
=>##8

##8
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
の「前への押し寄せの「症状・症候」」と御考え下さい。

##9
この「前への押し寄せの「症状・症候」」については簡単に#3にて御記載致します。



#3
##1
この「胸の痛み」は「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」の患者さんによく出現いたします。

##2
心臓痛と勘違いされて心配されたり
「脳神経外科専門医先生」以外の先生の場合
「心臓の精密検査」をされることもあります。

##3
「「肩こりの胸への押し寄せ」と考えて頂くと宜しいものなのです。

##4
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」の「症状・症候」の一環でございます。

##5
因みに海辺の「外科医先生」は救急疾患である「潜水病」や
「自然気胸」との鑑別で「日常茶飯事」になられております。

##6
この「病態」には大変お得意でいらっしゃいます。

##7
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」と同一延長線上の
「病態」と考えられていただけますか。



#4結論:
##1
「緊張型」の患者さんは12月ー2−3月にかけて
「症状・症候」が増悪されるかたが多いものです。
御相談者も「one of them:そのひとり」で御座います。


##2
デパスの副作用でも「脳梗塞」や「脳腫瘍」の「症状・症候」でも御座いません。

##3
「緊張型」の治療法ですが
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##4
「筋弛緩剤」=デパスのみではつらい状態になられているとも推察いたします。

##5
「不安から心配しすぎではないかと思いますが」
との事です。

##6
念のため
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の患者さんの
「思考過程」につき「補足1」に御記載致します。

##7
「神経内科の先生からは、
「むしろ直りかけていると考えてください」と言われました。」との事です。

##8
私には「お受けもちの先生」=「神経内科専門医先生」の
御相談者への「優しいものの捉え方」の感触が大変によく伺えます。
優しい先生が「お受けもちの先生」で宜しかったです。

##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##10
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci



++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

#1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の患者さんには
独特の思考過程=「自分かくし」+「「因果付け」が御座います。


##1
「緊張型」の患者さんは常に学習され
「上昇型の思考」或いは「論理展開」をされますから。

##2
「オーバードライブ」(行き過ぎ)にご苦労されていらっしゃいます。

##3
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

##4
「強烈な苦悩者の「主人公」としての「自分」はいるのだけれども」

##5
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や
他人に「無理強い」をすることが習慣化。

##6
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。

##7
「真実の自分」と「自分隠しの自分」

##8
「習慣」=「往復・反復}で「真実の自分」と
「「自分隠し」の「自分」」との間の往復に疲れます。

##9
これが「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)のため
「他人攻撃」(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない。

##10
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

#11
「鶏が先か卵が先か」を真剣に悩み考えたり。

##12
火事場に救護のために駆けつける消防車をみて
「消防車」=「火事」と「短絡錯覚」を起こされ「消防車」に強い嫌悪を擁いたり。

##13
「AがBだからCになる」という
「流暢な論理」=「因果付け」の錯角方程式をよく用いられます。

##14
そのため「時には取り返しのつかない「自分の一番の見方である他人攻撃」」にでて
「全てをうしなって」しまいます。


#2
##1
これに加えて
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

##2
いちど傾くとなかなか「舵をとるのが困難」になります。

##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い
「頭痛系の「症状・症候」で御座います。

##4
脳の「神経細胞」が考える=働く場所を2つに分類する事ができます。
###1
旧皮質(下等哺乳類のときから保持している)と
###2
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))のメモリーが一杯の状態から
「情緒不安定」に至ります。

##5
この状態で「はつらつ」と生活できるべくもなく毎日を過ごされる中で
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」で
「たりないメモリー」から「記銘力障害」も発生します。

##6
幾度と無く辛い思いをされるうちに
やっとこさ「ある思考過程」に御自分の安楽の境地を見出したどり着かれます。

##5
それは皮肉にも「心配なこと」が起こるといやだから
「先に心配」をして「安心」しようという「矛盾」の「思考過程」で御座います。

++「補足1おわり」++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[2004年12月23日 12時4分42秒]








http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/665040035340102.html

★タイトル
頭痛+めまい+悪心+胸苦+吐気

★テーマ:
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
「緊張型めまい」(あだ名です)

------------------------------