2014年02月01日

昨年前庭神経炎で入院。ふわふわ・ぼーっとした違和感。悩んだ末の御相談です。山本クリニック 世田谷 にお願いします。


頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都

美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。

山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++

*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★




昨年前庭神経炎で入院。ふわふわ・ぼーっとした違和感。悩んだ末の御相談です。山本クリニック 世田谷 にお願いします。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0232938414710624.html


★テーマ:
フワっとしためまい感・ぴくつき・後頭部・頚部・肩の鈍痛・頬の違和感辛いです
仮性眩暈(ふわふわ感)症候群で悩んでいます。
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

------------------------------





------------------------------

お名前:匿名希望

はじめまして、51歳 男。

悩んだ末の御相談です。

昨年、7月24日に右前提神経炎を発症。

MRI検査をしましたが、脳には問題がないとのこと(2週間入院)
何とか、歩けるようになって退院。自宅療養をしました。

11月から職場復帰にむけ、リハビリ勤務をおこない。
今年1月から職場復帰しました。

しかし、依然として、ふらつき、頭のボーッとした違和感、耳鳴りが治りません。

聴覚検査をしましたが問題なし
耳鼻科の先生に聞いても、経過観察しかないとのこと。

服用の薬は、メコバラミンとアデホスコーワが処方されるだけです。

治療はないのでしょうか?

------------------------------






ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都




これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

去年の「エピソード」は
俗にいう「前庭神経炎」であったかもしれないけれども
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
今現在の「症状・症候」は。

典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
であり
「緊張型めまい」(あだ名です)です。

実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。

下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++

#1
##1
「はじめまして、51歳 男。

悩んだ末の御相談です。
昨年、7月24日に右前提神経炎を発症。
MRI検査をしましたが、脳には問題がないとのこと
(2週間入院)
何とか、歩けるようになって退院。自宅療養をしました。
11月から職場復帰にむけ、リハビリ勤務をおこない。
今年1月から職場復帰しました。
しかし、依然として、ふらつき、頭のボーッとした違和感、耳鳴り
が治りません。聴覚検査をしましたが問題なし
耳鼻科の先生に聞いても、経過観察しかないとのこと。
服用の薬は、メコバラミンとアデホスコーワが処方されるだけです。
治療はないのでしょうか?」
との事です。


#2
##1
「昨年、7月24日に右前提神経炎を発症。
MRI検査をしましたが、脳には問題がないとのこと
(2週間入院)
何とか、歩けるようになって退院。自宅療養をしました。」
との事です。


##2
「前庭神経炎」との事です。

##3
俗にいう「前庭神経炎」というのは今ひとつ
確立された「病態」ではありません。

##4
唯一特徴は
口腔内細菌感染・或いは「上気道感染」
(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」

「反復性上気道感染」を起される患者さんに
「仮性眩暈:かせいげんうん(ふわふわ感)」ではなく
「真性眩暈:しんせいげんうん」が発生した事例に
「前庭神経炎」と呼称されることが現実的には多いものです。


#3
##1
「何とか、歩けるようになって退院。自宅療養をしました。
11月から職場復帰にむけ、リハビリ勤務をおこない。
今年1月から職場復帰しました。
しかし、依然として、ふらつき、頭のボーッとした違和感、耳鳴り
が治りません。聴覚検査をしましたが問題なし」
との事です。

##2
なまじ
「前庭神経炎」との事での「御既往」があるが故に
「診断戦略」「治療戦略」がうまくいっていないように
考えます。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
今現在は
「真性眩暈:しんせいげんうん」ではなく
「仮性眩暈:かせいげんうん(ふわふわ感)」である。

##4
なおかつ
「依然として、ふらつき、頭のボーッとした違和感、耳鳴り
が治りません。」と「一日中頭がボーとしくらくらした状態で仕事。辛いです。」
とよく患者さんが仰られる「症状・症候」です。

##5
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##6
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
今現在の「症状・症候」からは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
による
「緊張型めまい」(あだ名です)で御座います。





#4
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##2
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」
「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「頭痛系の「病態」」なのですが
「頭痛系の「症状・症候」」でくることは稀であり。

##4
「「フワ」のめまい感・後頭部・頚部・肩の鈍痛・頬の違和感困っています。」
で「一日中頭がボーとしくらくらした状態で仕事。辛いです。」
といった「症状・症候」できます。

##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
「外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)


##6
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。


#5
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型めまい」(あだ名です)につき「補足3」に。
御記載致します。


##2
御参考になれば何よりです。





#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
去年は俗にいう「前庭神経炎」であったかもしれないけれども。
(「前庭神経炎」という「病態」自体「臨床神経診断学」では
今ひとつ明確なものではないのですが)

##3
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」であり
めまい感は
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」である
「緊張型めまい感」(あだ名です)と考えられるべきでしょう。

##4
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。

##5
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

##6
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「頭痛」「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっいます。。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。






------------------------------

悩んだ末の御相談です。昨年前庭神経炎で入院。ふわふわ・ぼーっとした違和感

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0232938414710624.html

★テーマ:
フワっとしためまい感・ぴくつき・後頭部・頚部・肩の鈍痛・頬の違和感辛いです
仮性眩暈(ふわふわ感)症候群で悩んでいます。
「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

------------------------------






posted by げんき at 08:24| 東京 ☀| 頭痛・めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする